日本の木を代表する杉と桧。
建築材としてはもちろん、身近なところでは家具やまな板など、さまざまな用途で利用されている「杉」「桧」ですが、それぞれの木の特徴や違い…。考えてみると知らないことがたくさんあるのではないでしょうか。
外観だけではなかなか見分けがつきにくい「杉」「桧」ですが、それぞれの特徴を知ったうえで木を見てみるといろいろな発見があるのではないでしょうか…。


●分布地

 本州の北部から四国・九州・屋久島まで分布。
 天然材は、秋田スギ・屋久スギ・魚染瀬スギなどが有名です。
 造林産地では、秋田・西川・天竜川・尾鷲・吉野・智頭・木頭・日田などが有名です。
●用途

 建築材・器具材(昔は電柱・船舶などにも用いられていた)・柱・桁などの構造材から
 下地材・鴨居・天井板・内外装材・建具・家具・たる・包装・名刺・はがき・割り箸・船舶 など
●特徴・性質

 スギはほぼ日本全域にわたって分布する常緑針葉樹(一年中緑の樹)です。
 スギの名前の由来は『直ぐ』『直ぐなる』からきていると言われていますが、その名の通り大地から真っ直ぐに伸び、年輪が明らかなので、スギの年齢を数えることができるのが特徴です。
水気のある場所を好むので、沢沿いから中腹にかけて植えられます。心材の部分に水分・鉄分を多く含んでおり、伐採時には含水率が高く非常に重いのですが、乾燥すると強度が増し、腐りにくいという性質があります。
 ヒノキと共に我国を代表する貴重な造林樹木で、第二次大戦後、他の木材に比べ成長が早いのと生産性の面から、全国各地で植林が行なわれました。ヒノキに比べるとやわらかいスギは、柱に使えても梁には使えないと考えられていましたが、現在ではいろいろな調査が進み、強度の確かさから全ての構造材に、また床板などの内装材・建具材としてまるごと利用されるようになりました。
 また製材してから十分に乾燥させることで、温和でぬくもりがあり年数がたって木目・木肌の美しい良材となっていきます。

 心材部が赤黒くなっている
樹皮は、細かい鱗片状になっている

杉の葉と実 ← 針状の葉。
先端に花粉の詰まった実をつける。
左の写真は花粉が飛散した後の状態。
(撮影/4月上旬)
飛散はだいたい2月中旬ごろから始まる。


●分布地

 本州福島以南から、四国・九州・屋久島まで分布。
 天然材は、木曽・飛騨・高野山・高知などが有名です。
 造林産地では、尾鷲・天竜川・吉野・東濃・美作など有名です。
●用途

 建築材・器具材・庭園樹・彫刻材
●特徴・性質

 ヒノキは、スギについで造林面積が広く、日本の代表的な木材ですが、スギとは対照的に比較的水分の少ない場所を好み、尾根付近に植えられます。
『火の木』=『火起こしに使う木』ということが名前の由来と言われているヒノキは、火を起こせるほど内部までよく乾燥していて、狂いも生じにくいという特性を持ち、古くから建築に用いられてきました。針葉樹の中では成長が遅く、同じ樹齢のスギよりも伐採期が遅いため、スギに比べてどうしても割高になりますが、材質が緻密で色調が良く、加工性に優れている他、シロアリや木材不朽菌に対する耐久面、香りによる鎮静作用、気分を和らげる快適性増進作用など、多種多様に優れた性質を持ち、我国でも非常に多くの用途に使われています。
 心材のアカミ部分については耐久性が高く、しかも長期間の水質に耐えることができるため、住宅の土台や、家庭のまな板など幅広く使われています。


 心材部は薄いピンク色をしている。

樹皮は大きくパリパリとめくれてくる
桧の葉と実 葉の裏側
← 鱗状の葉。
裏にはY字の白い線が見られる。

左の写真は花粉が飛散した後の状態。